pavé with 空想委員会

pavé with 空想委員会

cear(シー・イヤー)の「pavé」(パヴェ)はスマホとBluetoothで接続するワイヤレスの外部スピーカーだが、
背面にあるマルチファンクションボタンをダブルクリックすることで、iOSなら「Siri」を、Androidなら
「Googleアシスタント」を呼び出すことができる。つまり、「pavé」は話題のスマートスピーカーと同様の
使い方ができるというわけだ。今回は人気ロックバンド「空想委員会」のメンバーに「pavé」を体験してもらった。

 

 既存のスマートスピーカーの場合、検索能力は買ってしまえば多分そのままだが、「pavé」+スマホという組み合わせなら、スマホを買い換えればその都度検索能力も上がるので、実ははとても経済的でしかも賢い選択だと言える。



真正面に置いて音を聴くと

 

スピーカーよりも外側に音が広がるので

 

びっくり!?

 



取材ではマルチファンクションボタンのダブルクリックでSiriを呼び出して「空想委員会の音楽を再生して」と言って、自動的に再生が始まることを確かめてもらった。
もちろん、ニュースや天気予報や株価、スポーツの結果なども「****教えて」とか「調べて」と言えば結果が「pavé」から再生される。
「pavé」+スマホの場合、使い方の自由度は高く、たとえばスマホは机の上に置いておいて、別の部屋やベランダに「pavé」だけを持って行って音楽を楽しむこともできる。バッテリー駆動で連続の再生時間は8時間半以上なので十分だろう。

 

便利なことはわかったが音はどうだろう。「pavé」は横幅87.5mm高さ88mm、奥行き69mmという小さなものだが、もちろんスマホの音とは迫力が別次元だ、でも「pavé」のすごさはそれだけじゃない。

 

正面に置いて音を出すとアッと驚くような広がり方をするので、これは実際に体験しないとわかってもらえない。
「pavé」のデモが始まると「空想委員会」の面々から「ワオッ!すごい!何だこりゃ。映画やゲームにもいいですね」という声が上がった。「これから始まる全国ツアーにも持って行って楽しみたい」「音いいし軽いし持っていっても苦にならない」ということで、メンバーには大いに気に入ってもらえた。

 





メンバー全員「pavé」を気に入って、

 

楽しみながらサインをしてもらった。

 



取材後、このかわいい「pavé」にサインをしていただき、
ファンの皆様に「空想委員会」のサイン入り「pavé」を15台限定で販売することになった。

 



「空想委員会」サイン入り「pavé」を15台

 

限定で販売します。

 



購入希望の方はこちらの販売専用サイトからご購入下さい。
また、同販売サイトでは、空想委員会メンバーのメッセージペーパー特典付きの通常版「pavé」も数量限定で販売します。
詳しくはキャンペーン詳細ページをご確認ください。

 

※「pavé」+スマホに限らず、「pavé」+パソコンの場合はマイクロUSBによる有線接続が可能。
またステレオミニの入力端子もついている。